出会い系サイトで援デリ業者を見極める方法を大公開

援交サイト

援デリ業者

異性と気軽に出会うには出会い系サイトはとても便利ですよね。しかし時にはせっかく仲良くなったと思ってた相手が、実は業者だったということも少なくありません。

出会い系サイトで効率よく女性と出会っていくために、今回は援デリ業者の見極め方についてご紹介します。

援デリ業者とは?

援デリ業者とは主に出会い系サイトに多くいる業者の1つで、「援助交際目的の女性」を男性に斡旋する業者になります。

仕組みが「デリバリーヘルス」に似ているため両方の頭文字をとって「援デリ業者」と呼ばれています。

デリバリーヘルスと似ていますが、援デリ業者は業者ではありますが認可を取って営業しているわけではなく勝手に運営しているので売春や売春斡旋という違法行為になります。

ですが実際に会うところまで話がいかないとわかりづらかったりもするので運営側からしても完全に取り締まることが難しくなっています。

援デリ業者は男性が女性になりすましてターゲットとなる男性を見つけてきます。

見つかったら値段交渉をして待ち合わせ場所を指定後、女性をそこに連れて行って行為後に迎えに行くという流れになります。

より多くの人の目に留まるように、実際に派遣する女性ではなく架空の素晴らしいプロフィールやルックスの写真を使って出会い探しをしていますが、実際利用しているのは全く関係ない男性スタッフの場合が多いです。

援デリ業者を見極める7つの方法

では実際に出会い系サイトを使って出会い探しをする際に、援デリ業者に引っかからないためにはどうすればいいかお話したいと思います。

特別難しいことはなく、少し注意するだけでかなりの数の業者を回避できるので出会い系サイトを使う際は参考にしてみてください。

プロフィールや投稿が不自然

出会い系サイトを使って出会い探しをする時、まず目にするのはプロフィールです。ですので、多くの出会いを得たいと思ったら一番重要になってくるのがプロフィールです。

そういったこともあり、援デリ業者の場合はプロフィールの内容が非常に素晴らしすぎる場合が多いです。

「若くて可愛くてスタイルがいい」というような女性なら日常生活だけでも出会いはたくさんあるはずです。中には本当に出会いのチャンスがなく利用している女性もいるとは思いますが非常に稀です。

また、性的なアプローチが強い女性も注意しましょう。

「ムラムラしちゃったからエッチできる人を探してます」というような発言を不特定多数にむけて女性がするということはまずありません。他にも既婚女性で「女としてもう一度喜びを感じたい」などというようなものも同様です。

プロフィールで業者かどうかを見極める一番わかりやすいポイントは『スリーサイズ』です。

体を使った仕事をしている人ならまだしも、一般女性で自分のスリーサイズを把握している人はまずいません。

わざわざ出会い系に登録する時に計って入力するなどということはあまり考えられないので、スリーサイズがしっかり記入されている場合業者の可能性が高いです。

写メの交換を断る

相手が援デリ業者だった場合「写真映りが悪いから写真はない」などといって写メ交換を断ってくる場合が多いです。

もし仮にサイトに写メが登録されていたとしても、それは男性のユーザーを捕まえるための餌で、実際コミュニケーションを取っている相手は別の人です。

写真は出会いの数を増やすために重要なので、業者は万人受けする可愛くて綺麗な女性のものを使用していることが多いです。

もしサイトに写真が掲載されていたとしても最初から信用しないようにして、「もう1枚別アングルのものが見たい」などといって確認するようにしましょう。

業者の場合は、新たに用意することができないので断ってくる場合が多いです。

PCでログインしていないか見極める

パソコンは画像の貼り付けから文章作成まで非常に簡単に行うことができる便利ツールです。

それは援デリ業者にとっても同じで、毎日数えきれないくらいの男性ユーザーとやり取りしたりたくさんの女の子のプロフィールを作成したりする必要があるので、援デリ業者はパソコンからログインしている事が多いです。

出会い探しをしている一般の女性ユーザーは、パソコンではなく携帯からログインしていることがほとんどです。

もしログインしている端末を確認できる場合は注目して見てみることで業者を発見できる可能性が高まります。

過去の掲示板書き込みを見てみる

最近の出会い系サイトは、過去に自分や相手が掲示板に投稿した履歴が見られるようになっています。

もしピュア系の投稿から見つけた相手だとしても過去にアダルト掲示板にたくさん書き込んでいる場合もあり、その場合は援デリ業者の可能性が高いので注意するようにしましょう。

(ただし、掲示板の書き込み履歴はほとんどの出会い系サイトで自分の意志で削除することが可能です。過去に書き込みが全くないから安全という意味ではないので注意は必要です。)

たいしたやり取りをせずすぐに会いたいと言う

援デリ業者だとすぐにわかる特徴がこれで、男性側から見てもびっくりするくらい積極的にアプローチしてきます。

援デリ業者はお金儲けのために行っているので、できるだけ無駄なやり取りは避けたいと一般のユーザー以上に強く思っています。

ですので最初から必要最小限のやり取りだけで会おうと言ってくる場合が多く、一般のユーザーと比べるととても積極的に会いたいと誘ってきます。

肉食系女子といわれるような女性でも、もしもの場合を考えて行動するのが普通ですので、あまりに積極的な場合は注意するようにしましょう

風俗やラブホの多い場所で待ち合わせを求める

一つ前の項目と似た理由ですが、1つの出会いを大切にする一般の女性と違って、援デリ業者の場合は数をこなしてたくさんの利益をあげようとしています。

ですので1人にかける時間をできるだけ減らすために、待機場所から送りやすい場所を指定したり、会ってからすぐにホテルに行ける場所を待ち合わせ場所にしたりします。

最初だけ援助してほしいと要求する

「最初だけ」と聞くと、男性は「最初だけならお小遣いだと思って上げてもいいかな」なんて思ってしまいがちですよね。これは「次回からはお金はいらない=業者ではない」というアピールでもあります。

一般の女性ユーザーは業者ではないアピールをする必要は全くないので、この場合は100%援デリ業者だといってよいです。

援デリ業者の女性とSEXをする危険性

男性の中には「お金を払ってでもエッチしたい」という人もいるかもしれません。しかし援デリ業者の場合は売春という違法行為ですので法律面でNGになります。

また援デリ業者は認可をとって営業しているわけではないので、衛生面もしっかりしておらず、女の子が病気にかかっていないか事前に検診させたりなどということはありません。

もし取り返しがつかないエイズなどの病気にかかってしまったとしても完全に自己責任になります。

そんなダークな援デリ業者だからこそ、他にも、シャワーを浴びてる間に財布を取られて逃げられてしまったり、会ってから数分だけ少しサービスしてすぐ帰ってしまったりなんていう事も日常茶飯事です。

そしてそういった事件が起きてしまったとしても、売春という違法行為をしているためどこにも助けを求めることができません。

ですので、援デリ業者と会うことは百害あって一利なしです。

援交サイト TOPへ

関連記事

援助交際

関連記事

NO IMAGE

援助交際サイトを使わずに援助相手を見つけるにはナンパが一番